So-net無料ブログ作成

爆報 安奈淳が闘病前に鴨川清作と師弟愛?! [タレント]

爆報 安奈淳が闘病前に鴨川清作と師弟愛?!

元宝塚トップスター・安奈淳
謎の病との闘病生活を激白!

その闘病も気になりますが、
安奈淳さんを存じ上げなかったので調べると、
過去に師弟愛なるものを発見!( ゚Д゚)


■安奈淳さんとは?

本名:富岡 美樹(とみおか みき)
別名:安南 潤(あんな じゅん)
*1993年、芸名を安南 潤(読み同じ)に改名。
のち、1998年に安奈淳に戻している。

1947年7月29日(67歳)

簡単な経歴(初心者向け)
1965年 宝塚歌劇団に入団
1970年 鳳蘭と共に、星組男役トップ
1975年 『ベルサイユのばら』オスカル役を演じ、第1期ベルばらブームを築く
1978年 『ホフマン物語』で主演
1978年 『風と共に去りぬ(スカーレット篇)』で退団
退団直前に母が58歳で死去、公演のため葬式出られず。


■鴨川清作さんとは?

鴨川清作(かもがわせいさく)
大正14年1月23日生
1925-1976 昭和時代後期の演出家

昭和29年宝塚歌劇団にはいり,演出助手をつとめる。

「ラブ・ラブ・ラブ」で一本立ちし,
42年「シャンゴ」で芸術祭奨励賞を受賞。
従来のレビューにないダイナミックな演出を創造した。

昭和51年8月11日死去(51歳)。作品はほかに「ノバ・ボサノバ」など。

ノバ・ボサ・ノバ Blu-ray BOX (Blu-ray Disc)

ノバ・ボサ・ノバ Blu-ray BOX (Blu-ray Disc)
価格:21,600円(税込、送料別)


「ノバ・ボサノバ」のストーリーが気になる方はこちら

■安奈淳が鴨川清作と師弟愛の真相は?

鴨川清作さんと安奈淳さんが関係をもっていたこと
師弟愛はいまや伝説となっているそうです。

ノバ・ボサ・ノバ 盗まれたカルナバル」という作品で、
1976年11月東京公演。

1976年の花組安奈淳がトップの時の公演は、
すでに再再演でしたが、
初日の一日前に病気で鴨川先生は
51才の若さで他界。

そこで疑問が?( ゚Д゚)

■宝塚は恋愛禁止ではないのか?

調べたら、寿退社もあるそうで、
恋愛禁止ではないようですね。

清く、正しく、美しくの言葉の
イメージでしたね。

恋愛していても、清いし、正しいし、美しいです。
より、美しいかも?!

【まとめ】

宝塚にも師弟愛はあり、恋愛禁止ではなかった。
尊敬から始まる愛って、ありだと思います。
記憶に新しいのは、市原正親と篠原涼子!

それにしても、愛する人を2度も公演直前に亡くされて
それでも舞台に立たなければならない、宿命。

芸能人は、大変です。

スポンサーリンク








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。